会員拡大委員会 委員長 平山直樹

事業方針
会員拡大委員会では南雲会長の所信にあります、「人にやさしく」~一致団結!愛する市川を盛り上げよう!〜のスローガンに則り、市川を盛り上げると共に会員拡大を図って参ります。
しかし、会員拡大をするには商工会議所青年部とは、どういう団体なのかを正しく理解する必要があると考えます。
そこで私は日本資本主義の父であり我々の創設者でもある渋沢栄一氏の有名な言葉「右手に論語、左手に算盤」を思い出しました。渋沢氏は、「こんなに儲かります」という事業には、「国家社会に役立つか」と質問し、「こんなに有意義です」という会社には「それだけではいけない。どれだけ儲かるか」と念を押し、「論語」と「算盤」を一致させたと言います。

青年部における「論語」とは、地域社会の繁栄に貢献することであり、「算盤」とは、自社を発展させることであると考えます。市川YEGに入会して得られる価値とは、経営者としての自己成長、様々な価値観や気づきを得る機会、メンバー同士の友情・やさしさなどであり、それらを発信し会員拡大に努めて行く所存です。
そのために、メンバーや新入会員の研修、会員拡大に関する研修を実施し、人にやさしい市川YEGになるよう頑張って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
事業計画 委員会方針
会員拡大の積極的な活動
事業計画 委員会事業
6月定例会の企画・運営
  10月定例会の企画・運営
   1月定例会の企画・運営
  新入会員向けメンバー研修
  外環イベントへの協力
  いちかわうそ君の広報活動
  千葉県青連等の大会行事等に関する活動協力
   日本YEG(全国大会、会長研修会、関東ブロック大会他)
   千葉県青連(役員会、4区委員会他)
  他団体等行事に関する活動協力
  毎月1回以上の委員会の開催
←事業計画一覧へ戻る